ジスロマックについて紹介する女性

クラミジアは男女問わず罹患する恐れのある感染症で、男性は尿道に膿がたまったり痛みを生じることがあります。
感染症なので、罹患した男性と性交渉を持つと女性にも感染します。
女性はおりものが増えるなどの症状が見られ、治療を行わないと不妊症になる可能性も指摘されています。
コンドームを使用せずに性行為をすることが主な感染経路になり、母子感染も警戒しなければなりません。
治療には抗生物質で必要な量と日数服用します。

マクロライド系の治療薬

マクロライド系の抗生物質は比較的よく目にする薬です。
特徴としては副作用が少なく、クラミジアだけでなく、リケッチアやマイコプラズマに対しても処方されます。
小児からお年寄りまで幅広く処方されるので、馴染みのある抗生物質であると言えます。
しかし、マクロライド系は汎用性があるために、それに対する耐性を持つ微生物が近年増加傾向にあり、問題となっています。

代表的な成分としてクラリスやジスロマック、アジーなどが知られています。
クラリスは各感染症に対して有効であり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の除菌にも使われます。
クラミジアに対しても効果を発揮しますので、クラミジアに罹患した場合に処方される薬がクラリスになるでしょう。
「マクロライド系の顔」とも形容されるほど汎用性が高いので安心して服用できます。

ジスロマックもマクロライド系の薬剤です。
ジスロマックは持続効果が長く、一回の服用で七日間効果が続きます。
アジーはジェネリック医薬品でジスロマックと同様の効果が期待できる安価な薬で、クラミジアに使われる薬としては一般的なものです。
しかし、前述の通り耐性菌の問題もあるので服用コンプライアンスには注意する必要があり、主治医とよく相談しておきましょう。

副作用については重篤になることがほとんどありません。
症状が出たとしても吐き気や下痢程度です。
中には発疹や頭痛の症状が現れるアレルギー症状を引き起こす人もいますがごくまれであると言われています。
もちろん体質によって服用してはならない人もいますので注意が必要です。
まずは自分の体質をしっかりと理解、把握したうえで服用し治療にあたりましょう。

クラリスの禁忌は、「クラリスにアレルギー反応を持つ人」「エルゴタミンやピモジドを服用している人」「肝臓や腎臓に障害がある人でコルヒチンを服用している人」などです。
病歴や現在服用している薬が何なのかを記録しておくために、お薬手帳は必須です。
性感染症を治療していくためには現在の自分の体の状況及び服用している薬について知る必要があります。

テトラサイクリン系の治療薬

テトラサイクリン系の抗生物質もクラミジアには有効で、よく処方される薬剤です。
テトラサイクリン系の代表例としてミノマイシンやビブラマイシンがあります。
高価として、細菌のたんぱく質の合成を阻害します。細菌が増殖するにはタンパク質の合成がなされなければなりません。

ミノマイシンやビブラマイシンなどのテトラサイクリン系の薬剤は最近の中のリボソーム(タンパク質を合成する器官)に作用し、その増殖を抑えてくれるのです。
ミノマイシンの特徴は、体内での有効成分半減期が長く、一日の服用回数が少なくて済むところにあります。
また、耐性菌に対しても効果を持つと期待されており第一選択として処方されることも多いです。

副作用についてもみていきましょう。
さまざまな研究報告がなされており、あくまで「可能性がある」ということを前置きしておきます。
アナフィラキシー、紅皮症、血液障害、聴覚障害、急性熱性好中球性皮膚症など多くの症状が出ることが報告されています。
もちろんこれは全ての人に出ると言うものではなく、この薬剤が合わない人もいるととらえるべきでしょう。

特に、肝臓や腎臓に障害を持つ人や、食道通過障害を持つ人には強い副作用が出ますので、主治医によく相談しなければなりません。
クラミジア以外で病気を持っている人や体調が悪い人が服用することは避けるべきです。
一般的には頭痛、吐き気、めまいなどの副作用が多いようです。

女性に対して処方されることは少ないです。
理由は耳鳴り、めまい、運動障害を引き起こす内耳前庭障害が高確率で女性に起きるからです。
耐性菌に有効であるというメリットはありますが、同時に副作用にも目を向けなければなりません。
自身の体の状態を知り、医師や薬剤師とよく相談しましょう。

ニューキノロン系の治療薬

クラミジアに効果のある薬剤には他にニューキノロン系があります。
クラビットに代表されるように、ニューキノロン系の抗菌薬はDNAジャイレースという細菌のDNA複製には欠かせない酵素合成を阻害するものです。
クラビットは1996年にアメリカで医療承認がなされ、2010年に日本でも製造承認された比較的新しい薬剤です。
2014年にはクラビット錠剤が販売されました。

経口投与が可能であり、副作用も比較的少ないとされています。
大腸菌やブドウ球菌などの感染症にかかった場合に処方されることで知られています。
クラミジアの場合は注射剤として治療に使われることもあり、その場合病院で投与してもらうことになります。
細菌では研究も進み、クラビットが改良された新薬も登場しています。
治療とはいえ、長期間薬剤を投与し続けると体に良いはずがありませんから、できるだけ短期間の服用で済むようになればいいですね。

効果と同様に副作用についても注意が必要です。
比較的副作用は少ないと言われていますが、発疹、不眠、めまい、吐き気、下痢などの腹部不快感が報告されています。
このような症状が出たら主治医か薬剤師に必ず相談しましょう。

中には、強い副作用があらわれる人もいます。
アナフィラキシーによる呼吸困難、顔面蒼白、痙攣などを引き起こした場合はただちに使用を止めなければなりません。
他の薬剤との使用禁忌は特に指定されていませんが、何が起きるか分かりませんので併用を避けた方がいいでしょう。

妊婦や小児、お年寄りが服用するのも避けなければなりません。
クラビットの歴史は浅く、現在健康保険適用外となっており価格が高いことが問題点です。
クラミジアの治療には完治したと思っても、しばらくは薬の服用を続けなければなりません。

クラミジア治療薬の副作用

クラミジアによる症状は非常につらいものがあります。
主に性器に炎症を起こすので男性の場合であればおしっこをするのが怖いというくらいの痛みに襲われることがあるのです。
クラミジアは単体で繁殖することはできずに、人間の粘膜に寄生する形で繁殖する特徴を持ちます。

繁殖がある程度進んでいくと、人間の細胞を破り感染範囲を広めていきます。
不十分な治療は深刻な健康被害をもたらしますので確実な治療を行いましょう。
誰もが一刻も早く治したいと薬剤を服用しますが、効果がある以上副作用もあるのです。
それだけでなく、薬剤に対して耐性を持つ菌も増加傾向にあり、薬剤の系統の使い分けをしていく必要性も問われているのです。

最初の一週間はニューキノロン系を、次の一週間はマクロライド系というように成分の違う薬剤が短期間に体の中に入ってくるのです。
体調によって副作用が強くあらわれたり、使用禁忌があったりと慎重に治療にあたらなければなりません。
そのために、自分の体の状態を知り、把握しなければなりません。
過去にどんな病気をしたのか、どんな薬を服用しているのか、自覚症状が無くても病気になっていないかなど調べ上げることが治療の第一歩になります。

また、生活習慣についても見直す必要があるでしょう。
飲酒習慣のある人であれば、肝臓の状態が悪くなっている可能性があります。
その場合、薬剤性肝炎の症状が現れることもあるのです。
クラミジアに有効な薬の多くは副作用が強く出ない薬剤であると言われていますが、それは人によりけりです。
必ず主治医と薬剤師に相談してクラミジアの治療をするための薬剤を決定し、しっかりとした体調管理の下服用していかなければなりません。

関連記事

このサイトの情報

日本で最も多い性病と言われているクラミジアですが、このクラミジアを改善するための治療薬というのが、現在は多数販売されています。クラミジアに効果が期待できるマクロライド系の治療薬やテトラサイクリン系の治療薬、ニューキノロン系の治療薬といった普段聞き慣れないとは思いますが、このように区別されて、いくつもの治療薬が存在しています。

フォロー
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード